アットフリーク

COLUMN コラム

Webサイト制作

初心者でも簡単!Illustratorでチョコレートをつくろう!

バレンタインまであと1か月!

ということで、今回はバレンタインに欠かせないチョコレートの描き方をご説明します。
パスを細かくいじったりなどしないので
初心者の方も簡単に作れますよ。

板チョコをつくろう!

まずは長方形3つから作れる板チョコの作り方です。
 
 

①長方形を3つ用意する

(大きさ、色はお好みで調整してください)


 
 

②作った長方形を中央揃えで重ねる


 
 

③一番小さい長方形を立体的にする

長方形を選択した状態で[効果]→[3D]→[押し出し・ベベル]をクリック。

3D 押し出し・ベベルオプションが開くので、
プレビューにチェックを入れ確認しながら数値を変更しましょう。
今回は下図のように「角の丸い平面」に各数値を設定しています。


 
 

④二番目に小さい長方形(線)も立体的にする

先ほどと同じように長方形を選択した状態で
[効果]→[3D]→[押し出し・ベベル]をクリックし、オプションを開きます。

下図のように設定します。


 
 

⑤一粒が完成しました!


 
 

⑥あとは増やして並べるだけ!

3つの長方形をグループ化し、選択した状態で
[効果]→[パスの変形]→[変形]をクリック。

変形効果パネルが開くので、
プレビューにチェックを入れ確認しながら数を増やしましょう。
まずは水平方向に増やします。

横に増やしました。

次に縦に増やします。
再度選択した状態で
[効果]→[パスの変形]→[変形]をクリック。

すると下のような注意文が表示されますが、
気にせず「新規効果を適用」をクリックします。
もうこの注意はいらないよって人は「再表示しない」にチェックを入れましょう。

そして垂直方向に数を増やします。


 
 

完成です!!

あっという間においしそうな板チョコができました!

一粒ずつバラバラにして使いたいときは
[オブジェクト]→[アピアランスを分割]でバラしましょう。

ハート型のチョコをつくろう!


次にバレンタインらしさいっぱいのハートのチョコレートを作ります。
 
 

①楕円形を作り45°回転させる


 
 

②楕円形を二つに増やす

楕円形を選択した状態で右クリック→[変形]→[リフレクト]をクリック。
リフレクトパネルで「垂直」を選択し、コピーをクリック。


 
 

③パスファインダーを使ってハートを作る

重なった楕円形を選択し、パスファインダーの「分割」をクリック。
左右下の不要な部分をダイレクト選択ツールで選択し、削除します。
残った部分が分割されたままなので選択し、形状モードの「合体」をクリックしてハートのできあがりです。

次は板チョコと同じように立体的にしていきましょう。
 
 

⑤ハートを立体的にする

板チョコと同じようにハートを選択した状態で
[効果]→[3D]→[押し出し・ベベル]をクリックし、オプションを開きます。

下図のように設定します。


 
 

ハート型のチョコレートの出来上がり!

これで完成でもよいのですが、今回はバレンタイン向けに「love」の文字を載せていきます。
 
 

⑥テキストを載せる

作ったチョコレートの色よりも薄い色のテキストをチョコの上にのせます。
お好みのフォントを使ってください。
今回は「Allura」というフォントを使っています。


 
 

⑦テキストの内側に影をつける

テキストを選択し、[効果]→[スタイライズ]→[光彩(内側)]をクリック。
下図のように光彩をつける。
※フォントに合わせて数値を調整してください。

続けて、
テキストを選択し、[効果]→[パスの変形]→[変形]をクリック。
下図のように光彩で作った影を移動します。
※フォントに合わせて数値を調整してください。


 
 

かわいいハート型の文字入りチョコレートが完成しました!


 
 

ハートのアピアランスを長方形にコピーすれば
ふっくらした四角いチョコも作れます!


 
 

「オブジェクトを再配色」を使ってカラバリも簡単に作れます!

⇒ 「オブジェクトを再配色」の使い方はこちら
 
 
 

大きさや色・形などを変えて色々なチョコを作ってみてください!

よく読まれる記事



CONTACT お問い合わせ