COLUMN コラム
Webサイト制作

【illustrator】ツールの使い方②描画ツールを使い分けよう!~後編~【イラレ初心者向け/基本】

イラレのツール解説シリーズ第4回。
「描画ツール」後編です。

前編はこちら
中編はこちら

後編では以下の13ツールについて簡単に説明していきます。

棒グラフツール

・垂直の棒を使用して値を比較するグラフを作成します。


 
 
 

積み上げ棒グラフツール

・上に積み重なる棒グラフを作成します。全体に対する割合を示す場合に便利です。


 
 
 

横向き棒グラフツール

・水平方向(横向き)の棒グラフを作成します。


 
 
 

横向き積み上げ棒グラフツール

・横に積み重なる棒グラフを作成します。


 
 
 

折れ線グラフツール

・点を使用して値の組を表す折れ線グラフを作成します。値の組ごとに点を結ぶ線の種類が変わります。


 
 
 

階層グラフツール

・折れ線グラフに似たグラフを作成しますが、値の変動に加え、合計を強調します。


 
 
 

散布図グラフツール

・ 軸と Y 軸の座標値でデータポイントを示すグラフを作成します。


 
 
 

円グラフツール

・円形のグラフを作成します。


 
 
 

レーダーチャートツール

・レーダーチャート(網グラフ)を作成します。


 
 
 

スライスツール

・Web 用にオブジェクトを垂直または水平な線で複数の画像に分割します。


 
オブジェクトを選択し、[オブジェクト]→[スライス]→[選択範囲から作成]でオブジェクトサイズのスライスを作成できます。
※この時[アートボードサイズでクリップ]のチェックは外します。



 

スライス選択ツール

・分割したスライスを選択します。

スライスを複数選択し、[オブジェクト]→[スライス]→[スライスを結合]で複数のスライスを結合できます。

 

遠近グリッドツール

・遠近描画でアートワークを作成およびレンダリングできます。


 
 
 

遠近図形選択ツール

・オブジェクト、テキストおよびシンボルを遠近描画したり、遠近描画のオブジェクトを移動したり、現在の位置に対して垂直にオブジェクトを移動したりできます。

以上、描画ツールを使い分けよう!~後編~でした。

ツールの使い方①「選択ツール」
ツールの使い方②「描画ツール」前編
ツールの使い方②「描画ツール」中編
ツールの使い方②「描画ツール」後編
ツールの使い方③「文字ツール」
ツールの使い方④「ペイントツール」
ツールの使い方⑤「変形ツール」前編
ツールの使い方⑤「変形ツール」後編
ツールの使い方⑥「移動ツール」

Web制作実績はこちら

よく読まれる記事


CONTACT お問い合わせ