アットフリーク

COLUMN コラム

デジタルマーケティング

コンテンツマーケティングで求められるE-A-Tとは?すぐにできる高品質な記事を作るコツ!

コンテンツマーケティングで集客を考えたとき、自社のサイトに記事を掲載する方法をとる方も多いでしょう。
しかし、どんな記事でも良いかというと、そうではありません。自社サイトの検索順位を上げるためには、Googleやユーザーに記事が高品質だと認めてもらう必要があるのです。
ここでは、高品質な記事の基準や質の高い記事にするコツを紹介します。

Googleが重視する品質の基準「E-A-T」

Webサイトへの集客をするためには、Google検索順位を上げなければなりません。掲載順位を上げるために、記事を作成しようと考えているマーケティング担当者も多いかと思います。

その際に求められるのが記事の品質です。Googleは検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)で135回もE-A-Tに関して言及しており、サイトの品質を決める基準のなかで最重要といっても過言ではないでしょう。
E-A-Tは以下の内容を表す単語の頭文字です。3つの要素をそれぞれ紹介します。

E-A-Tの説明

Expertise:専門性

「専門性」はE-A-Tのなかでも重要な要素といえるでしょう。
記事やWebサイトは、様々な内容を記載するよりも、1つの分野に特化した内容にすると専門性の面で評価されやすくなります。
さらに、自社の持つノウハウや調査データなどを公開することで、オリジナリティあふれる記事になり専門性が高まりやすいでしょう。

Authoritativeness:権威性

ユーザーから評価されているかを表します。
評価の高いサイトからの被リンクなどがあれば権威性が高いといえます。知名度やブランドの要素が強いため、長期間のサイト運営が必要になってくるでしょう。

Trustworthiness:信頼性

Webサイトがユーザーから信頼されているかも重要な指標です。
記事内に誤字脱字や事実と異なる情報があれば、信頼性は下がってしまします。見つけた場合、早急な修正対応が求められます。その他、言葉遣いや構成など内容の分かりやすさを高めると良いでしょう。

以上のことから、「専門性、権威性、信頼性のある記事は高品質である」といえます。
“Contents is king”(コンテンツの質がすべて)ともいわれるように、Webの集客で成果を出すために質は重要です。

しかし、「これをすればGoogleに評価される」といった具体的な手法は存在しません。ユーザーが高品質だと感じるようにコンテンツの質を高める、つまりE-A-Tを意識した記事作成が必要となるでしょう。
ここからは高品質な記事を作るためのコツを紹介します。

画像で質を上げるコツ

記事中の画像は、読者に内容が残りやすくする、直帰率を下げるなどの効果があり重要です。
画像自体は無料で提供しているサイトから入手することも可能ですが、無料ということは多くのサイトで使われている可能性があります。専門性を高めるために、オリジナルの画像を使用すると良いでしょう。

画像を編集しテキストを追加する

昨今ではスマートフォンのカメラの性能が上がっており、十分高品質な写真を撮ることもできます。
また、多くの人が持っているパワーポイントには画像編集機能(回転や影など)が含まれており、以下のように簡単に写真を編集することもできます。

写真の編集

有料の画像提供サイトに契約してダウンロードする

編集するほど時間に余裕がない場合は、有料の画像提供サイトに契約するのも良いでしょう。費用は掛かりますが、高品質な画像を簡単に使用することが可能です。
有料の画像は他のサイトでの使用頻度が少ないため、専門性が高まるかもしれません。

記事内容で質を上げるコツ

コンテンツの本体となる記事内容の質はユーザーの評価に直結します。ここでは、記事作成の際に実践できる2つのコツを紹介します。

情報源に公官庁のデータを用いる

権威性や信頼性を高めるために、記事の情報源(ソース)に公官庁のデータを用いることをおすすめします。
例えば、「医療関係に関する情報は厚生労働省から」、「IT人材に関する情報は経済産業省から」というように、記事の根幹をなす情報に関しては公官庁のページを出典元にするようにします。

また、医療関係や金融関係の記事については、該当する資格保持者に監修を依頼することも、権威性や信頼性の向上につながります。

取材をしてオリジナルの記事を作成する

オリジナルのコンテンツを作りたい場合、取材はとても有効な手段です。自社のページにしかない情報を掲載することができます。ユーザーから見ても価値のあるコンテンツだと認識されやすくなるでしょう。

例えば、QRコード決済に関するサイトであれば、導入している店舗や消費者に取材する(導入事例)という方法があります。採用サイトを作成するのであれば、新入社員への取材記事なども必要になるでしょう。

アットフリークでは、様々な業種の取材(オンライン/オフライン)に対応しております。コンテンツ作成でお困りのことがございましたら、お問い合わせください。

>> ご相談・お問い合わせはこちらから

ユーザーが高品質だと思えるコンテンツを作りましょう

ますますWebを用いた集客の必要性が増している昨今、企業はユーザーのためになる高品質なコンテンツを作成することが求められています。
この記事で紹介したE-A-T(専門性・権威性・信頼性)は、手法ではなくコンテンツ作成の考え方として方針に盛り込むことをおすすめします。

E-A-Tを意識して、Googleだけでなくユーザーに評価されるコンテンツを作成できれば、Webを活用した集客でも成果を出しやすくなるでしょう。

>> ご相談・お問い合わせはこちらから

⇒ アットフリーク制作実績

ライター

よく読まれる記事



CONTACT お問い合わせ