アットフリーク

COLUMN コラム

デジタルマーケティング

2020年のデジタルマーケティングのトレンドと戦略について


マーケティングは分析的になりつつあり、オーガニック検索、SNSを継続的に重視したデジタルへの注目度が高まっています。
一言で言えば、マーケティングの成功とは、マーケティングオートメーションツールと組み合わせて説得力のあるコンテンツの作成です。

今回は、マーケティング戦略に大きな影響を与えるデジタルマーケティングのトレンドをまとめたので注目すべき最も重要なトレンドを7つご紹介します。

顧客のエクスペリエンス

デジタルマーケティングは、すでにカスタマーエクスペリエンスによって推進されています。
しかし、企業は関連性を維持するためにカスタマーエクスペリエンスを再考し始めており、より短いコンテンツ、パーソナライズされたコンテンツ、動画やインフォグラフィックなどの即時性の高いコンテンツが好まれるようになってきています。

コンテンツマーケティング

2020年はコンテンツの年になります。
企業は、コンテンツマーケティングが最も重要なものであることに気づき始めるといわれています。
注目を集めるためには、説得力に富み、注目を集めるコンテンツが必要です。
定期的に更新されるコンテンツの頻度、関連性のある情報、そして顧客との交流の増加には不可欠であることが明らかになっています。
このことは、顧客中心であり、関連性のあるユニークな素材に焦点を当てたコンテンツを実装する必要性を確認しています。

パーソナル化の増加

不特定多数向けのマーケティングはもはや通用しなくなってきています。
パーソナライズされたマーケティングが主流となっており、企業が利用できる大量のデータによってカスタマージャーニー全体を理解し、そこからカスタマイズされたマーケティング戦略を策定することができるようになりました。
ビッグデータは、消費者をターゲットにするためのデータの活用方法を変えています。

クロスデバイスマーケティング


現代の消費者は、コンピュータ、ラップトップ、スマートフォン、タブレットなど、情報を求めるためにアクセスするための複数のデバイスを持っています。
モバイルデバイスの利用は増加しており、コンピュータよりも時間厳守の情報に適応しています。
これは、企業が消費者の場所、時間、デバイスに応じてマーケティング戦略を最適化するために、リアルタイムの人口統計データや行動データを分析する必要があることを意味します。
これにより、企業は購買行動を把握し、関連性の高いマルチチャネルのコンテンツを制作することが可能になります。

データドリブンマーケティング

データはここ数年でマーケティングの中心となっています。
マーケティング担当者は、顧客の行動を正確に理解し、最高のキャンペーンを提供するために何が必要かを理解できるように、データを活用しなければなりません。
マーケティングには膨大な量のデータが存在し、セグメントマーケティング、パーソナライズされたマーケティング、ネイティブマーケティングなど、さまざまなデジタルマーケティング戦略を可能にしています。
マーケティング戦略へのデータ活用の導入は、今では欠かせないものとなっています。

オウンドメディア

定期的にオウンドメディアを持つことは、多くのメリットがあります。
オーガニック検索用にサイトを最適化し、オーディエンスとの信頼関係と親しみやすさを築き、業界の権威を築き、定期的な更新でサイトを新鮮な状態に保つことができます。
要するに、オーディエンスとの新たな関係を築くことができるのです。
オウンドメディアを開発することは、サイトへのトラフィックを促進し、潜在的な顧客との関係を築くために不可欠です。

視認性の向上


ビデオやアニメーションの使用は、将来的に急増する可能性が非常に高いです。
マルチメディアのさまざまな形態を使用することで、人々は視覚的に豊かで双方向の要素を使用しているため、より多くの人が参加する可能性が高いことを意味します。
これはまた、視聴者にコンテンツの「いいね!」やシェアを促すことにもつながります。
ブランドは今、Facebook、Twitter、Instagram、Snapchatなどの様々なソーシャルメディアプラットフォーム上でのビデオ機能の導入を活用する必要があります。

デジタルマーケティングトレンドを掴んで一歩先へ

デジタル技術は、企業が消費者と関わり、交流する機会を増やしています。
しかし、結果を得るためには、顧客にアピールする興味深い、洞察力のあるコンテンツが必要であることを忘れてはいけません。
企業は今、競争に打ち勝つために、2020年のマーケティング計画にこれらのトレンドを取り入れ始める必要があります。

よく読まれる記事



CONTACT お問い合わせ