COLUMN コラム
デジタルマーケティング

SEO効果のためにはHTMLタグ対策は必須!種類や対策方法を紹介

SEO対策 HTMLタグ

Webサイトの検索順位が上がらない原因の1つに、「HTMLタグが正しく使えていない」といった可能性があります。
たとえ内容が濃い魅力的なコンテンツであっても、HTMLタグが正しく設定されていなければ、検索エンジンからは評価されません。

そこで本記事では、Webサイトの検索順位をあげるための基礎知識となる、HTMLタグの種類や使い方などを紹介していきます。
Webサイトを検索上位に上げるためには、必須で覚えておきたい知識の紹介となりますので、ご一読ください。

SEOとHTMLタグの関係

SEO対策として、HTMLタグの使い方は重要となります。

WebサイトはHTMLタグによって構成されておりますので、正しい知識によってHTMLタグを設定しなければ検索エンジンに評価されません。

HTMLタグ設定の誤りによって、検索エンジンから低評価を受けることはまずありません。
しかし、Webサイトの内容が検索エンジンにしっかりと伝わらない可能性があります。
つまり、HTMLタグの設定がしっかりされていないと、検索上位に掲載される確率が下がるということです。

そのためHTMLタグの最適化は、SEO対策の重要な施策の1つといえます。

SEO対策となるHTMLタグの種類

ここではSEO対策として、特に覚えておきたいHTMLタグを紹介していきます。

titleタグ

ページのタイトルを設定する際に使用するHTMLタグで、非常に重要度が高く流入させたいキーワードは、必ず入れる必要があるでしょう。

またtitleタグは、検索エンジンに掲載されたページのクリック率にも、大きく関わります。
表示される文字数には限りがありますので、35文字以内を目安にサイトの概要が分かるようなタイトルにしましょう。

metaタグ

head内に設定するタグを指し、そのページの付加情報を記載する箇所です。

metaタグは機能によって属性が分かれており、特に覚えておきたい属性はメタデータの種類を指定する「name属性」と、メタデータの内容を指定する「content属性」となります。
name属性とcontent属性は1つの構文として下記のように記載します。


<meta name="メタデータの種類" content="メタデータの内容">

また、name属性で設定するメタデータの種類には、Webサイトに関するキーワードを記述する「keyword」や、Webサイトの概要を記述する「description」などがあります。
「description」として記述した概要は、検索エンジンに掲載されているタイトルの下に表示されます。

「description」は直接的なSEO効果はありませんが、概要の分かりやすさはクリックに繋がります。
そのページで紹介している内容、どのような人におすすめか、などを120文字程度で記載しましょう。

hタグ

hの後に数字が付いているタグは、見出しとなるタグです。
数字は、小さいほど大きな見出しであることを意味します。
h1は基本的に1つのページに1つのみですが、h2以降の見出しは基本的には複数設置することが多いです。
h2・h3・h4などの見出しを適宜使用することで、文章が見やすくなります。

また見出しタグの設定は、大きな見出しの中に小さな見出しを設定する階層構造で考えます。
具体的には、h2の中にはh3、h3の中にはh4、といった設置をします。
h3の中にh2を入れたり、h2の中にh4は設置しません。

hタグの階層構造を意識した適切な設置は、検索エンジンからの評価項目の1つとなりますので、SEO対策としてしっかり行いましょう。

画像タグ

ページ内に画像を貼るときには、「imgタグ」の設定により検索エンジンに画像を認識させます。
そのために、画像の代替えとなるテキスト情報を記述しますが、このテキスト情報を「alt属性」といいます。

サイトマップについて

サイトマップとは、地図のように一覧でサイト全体を見せるページを指します。
サイトマップには、「検索ユーザー対策用」と「検索エンジン対策用」があります。

検索ユーザー対策

ユーザーは検索エンジンから流入後、サイト内の別のページを閲覧したくなることもあります。
その際、すべてのページのリンクが掲載されているページ=サイトマップがあると便利です。
ページ数が多い場合には、カテゴリーごとにまとめる方法もあります。

検索エンジン対策

検索エンジン対策としてのサイトマップは、xmlの形式で作ったファイルを用います。
トップディレクトリにアップロードしておくことで、検索エンジンが読み取ってくれます。
検索ユーザーが使うためのサイトマップとは異なり、通常のページに表示されることはありません。

HTMLタグについての理解を深めましょう

HTMLタグの最適化は、SEO対策としてかなり重要な要素となります。

正しいHTMLタグの設定に変えるだけで、検索順位が飛躍的に上がる可能性もありますので、HTMLタグの基礎知識は必ず抑えておきましょう。

アットフリークでは、HTMLタグを最適化するwebマーケティング支援を行うことが可能です。

  • ・Webサイト新規制作
  • ・既存Webサイト内部SEO対策
  • ・コラム記事のコンテンツSEO対策

これらはすべてHTMLタグの要素が絡む運用となります。
まずは、アットフリークにご相談ください。

Webサイト内部改善・流入を増やすご相談はこちら

よく読まれる記事


CONTACT お問い合わせ