COLUMN コラム
デジタルマーケティング

リスティング広告のクリック単価とは?仕組みや改善すための方法

リスティング広告の運用では、表示回数やクリック率、クリック単価など様々な数字を分析することで論理的に改善して成果を上げることができます。
ここでは、リスティング広告を運用するうえで重要な指標であるクリック単価について解説します。

クリック単価とは

クリック単価とは、CPC(Cost Per Click)と表記されることが多く、広告がクリックされたときに発生する平均費用のことを指します。
クリック単価は費用対効果を決定する重要な指標であり、クリック単価が下がればそれだけ費用対効果は高くなります。
そのため、リスティング広告の改善を行うために必ずチェックするべき項目だといえます。
クリック単価は以下の計算式で算出できます。

クリック単価 = 費用÷クリック数

クリック単価が決まる仕組み

ここでは、クリック単価が決定する仕組みについて紹介します。

基本的にオークション形式で決まる

GoogleやYahoo! のリスティング広告は、オークション形式で掲載順位を決めておりその際にクリック単価も決定します。
まず、「入札単価×品質スコア+広告オプション」という計算式で「広告ランク」を割り出します。
そして、広告ランクが高いほど上位に表示されます。
この広告ランクを決める際の「入札単価」がクリック単価となるのです。
つまり、品質スコアを上げることで、クリック単価を下げることができます。

クリック単価の目安

クリック単価の目安は、商材や業界などによって変化します。
例えば、不動産業界など関わる金額の大きい業界ではクリック単価も高くなる傾向にあります。
クリック単価の目安を決める要素として下記が挙げられます。

  • ・商材
  • ・業界
  • ・企業・商材の知名度
  • ・配信時期
  • ・広告媒体

クリック単価を改善する方法

ここまでクリック単価の概要や仕組みについて紹介しました。
最後に、クリック単価を改善する方法について紹介します。

品質スコアを上げる

前述したように、「入札単価×品質スコア+広告オプション」という計算式で「広告ランク」を割り出し掲載順位が決定されます。
つまり、品質スコアを上げれば入札単価を抑えられるため、クリック単価が安くなるのです。
品質スコアは、「クリック率」、「キーワードと広告文の関連性」、「ランディングページの利便性」によって決定します。
そのため、品質スコアを上げるには下記のような対策方法が考えられます。

  • ・ユーザーが思わずクリックしたくなるような広告文を作成する
  • ・キーワード・広告文・広告本文に一貫性を持たせる
  • ・LPの内容を充実させる

広告表示オプションを最適化する

広告表示オプションを最適化するのも、クリック単価を改善させるのに有効的です。
広告表示オプションとは、自社の通話ボタンや住所、資料ダウンロードのボタンなどを掲載できるオプション設定のことです。
広告文を改善するだけでなく、広告表示オプションをうまく活用することでクリック率やコンバージョン率が上がり、クリック単価を改善することにつながります。

キーワードを最適化する

入札するキーワードを最適化するのも、クリック単価の改善につながります。
検索ボリュームの大きいキーワードやコンバージョン獲得につながりやすいキーワードは、クリック単価が高くなる傾向にあります。
そのため、自社のターゲット層やニーズを考慮して、無駄なキーワードを除外しコンバージョン率の高いキーワードを選定すればクリック単価を改善できます。

広告運用を成功させる重要な要素

クリック単価は広告運用で成果を上げるための重要な指標です。
もし、自社内でリスティング広告の運用をするのが難しい場合には、知識を持つ専門家や制作会社に外注することがおすすめです。

Web広告運用にお困りのお客様は、下記のリンクよりアットフリークにご相談ください。

広告の相談はこちら

よく読まれる記事


CONTACT お問い合わせ