COLUMN コラム
デジタルマーケティング

オウンドメディアマーケティングとは?メリットや運用のポイントを解説

オウンドメディア

2021年も続くコロナ禍の影響により、現在も多くの業界でWebを活用した広告・販促にシフトチェンジしつつあります。
このような状況のなか、企業が導入すべきWeb活用手法の1つとして「オウンドメディアマーケティング」は注目を集めています。
これからオウンドメディアを立ち上げようとする企業向けに、オウンドメディアマーケティングの概要やメリット、成果を出すためのポイントを紹介します。

オウンドメディアマーケティングとは

まず、オウンドメディアマーケティングの概要や企業が実施するメリットを理解しておきましょう。

オウンドメディアマーケティングの概要

オウンドメディアとは、企業が自社で運営するメディアのことです。
例えば、企業の自社メディアやホームページ、ブログなどがオウンドメディアに該当します。
特に、SNSアカウントを活用したオウンドメディアは、顧客と交流できる点が大きな特徴といえるでしょう。

オウンドメディアを活用したマーケティング施策のことを「オウンドメディアマーケティング」と呼びます。
オウンドメディアマーケティングで実現できることは、大きく分けて以下の2点です。

広告以外の顧客接点が持てる

BtoBやBtoCに限らず、企業は広告を出稿することによって顧客と接点を持つことができます。しかし、出稿する媒体や検索キーワードによっては広告宣伝費用がかさむ場合があります。
オウンドメディアを運用していれば、広告出稿時以外でも顧客との接点を持つことが可能になります。

ロイヤリティの強化

オウンドメディアを運用して顧客と交流することで、自社のブランドやサービスに愛着を持ってもらうことが可能です。
その結果、企業に対する顧客の信頼向上につながり、継続的に商品やサービスを購入してもらえる優良顧客を獲得することができます。

オウンドメディアのメリット

オウンドメディアのメリットは、大きく分けて2つあります。

継続的な広告宣伝費の投下が不要

オウンドメディアは一度コンテンツを投下すれば、運用を止めない限りほぼ永続的に残るため、継続的なプロモーションが可能です。
また、自社のサービスや商品に関連するキーワードやハッシュタグを含むコンテンツを掲載することで、SEO効果を高めることもできます。
加えて、オウンドメディアを有効活用できれば、マーケティングのために継続的な広告出稿をする必要がなくなります。
記事などのコンテンツを作成する費用も、Web広告への出稿に比べ安価に済むため、費用対効果も非常に高いのです。

ブランディング強化につながる

オウンドメディアでは掲載するコンテンツや発信する内容を自社で精査できるため、自社ブランドのイメージを自由に作り上げることが可能です。顧客と有効な関係性を築ければ自社のブランドイメージを高めることができますので、有効活用しましょう。

Webマーケティングで知っておくべきトリプルメディア

メディア

マーケティングを行う際、重要になる3つのメディアをトリプルメディアと呼びます。オウンドメディアはその1つにあたり、ほか2つのメディアが「ペイドメディア」と「アーンドメディア」です。
ペイドメディアとは、対価を支払い自社の商品やサービスの情報を発信する媒体です。つまり、Web広告などの各種広告媒体がペイドメディアに該当します。
一方、アーンドメディアはFacebookやTwitterをはじめとしたSNS上のメディアです。専用のアカウントを持ち、拡散や口コミ情報などによってユーザーを増やすことができます。

トリプルメディアをバランスよく活用することが、企業のマーケティング担当者には求められます。そのため、オウンドメディアの運用は企業にとって必要不可欠といえるのです。

コンテンツマーケティングとは何が違う?

オウンドメディアとコンテンツマーケティングは共通する点が多く混同しがちです。以下で2つの違いを説明します。

  • ■オウンドメディア
  • あくまでも自社メディア内でのマーケティング施策

  • ■コンテンツマーケティング
  • 自社メディアを含めた、様々なメディアにコンテンツを投下して行うマーケティング施策

簡単にまとめると、コンテンツマーケティングの一部がオウンドメディアマーケティングというイメージです。
この両者は実施内容が同じなので、混同されやすいのでしょう。

オウンドメディアで成果を上げるポイント

オウンドメディアで成果を上げるためには、以下3つのポイントに注意しましょう。

短期間で成果を求めない

オウンドメディアマーケティングでは、自社メディアを立ち上げてもすぐに効果は出ません。
対策する検索キーワードによっては100以上の記事コンテンツを作成しないと効果が現れないケースもあるため、数年単位で継続的に運営して更新を行う必要があります。

ユーザーの求める情報を提供する

オウンドメディアを運営する場合は、ユーザーが求める情報を提供できるように心がけましょう。ユーザーにとって有益な情報や記事がないオウンドメディアは、来訪者も少なくなります。
そのため、日頃からユーザーが興味を持ちそうなキーワードやコンテンツをリサーチしておくことが、マーケティング担当者には欠かせません。

コンテンツの軸をぶらさない

オウンドメディアで展開する記事やコンテンツの軸をぶらさないことも重要です。
一貫性のあるコンセプトやテーマに沿ったコンテンツを展開することで他社との差別化ができるため、ユーザーは製品・サービスの選択がしやすくなります。

質の高いコンテンツで企業の集客力をアップ

オウンドメディアマーケティングで重要なのは、質の高いコンテンツを発信することです。ユーザーが求める情報や記事を、タイムリーに展開できるように心がけましょう。
なお、当社アットフリークは質の高いコンテンツ制作で、御社オウンドメディアの集客力アップの実現をお手伝いします。
本記事でオウンドメディアマーケティングに興味が湧いた方は、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちらから

ライター

齊藤一樹
齊藤一樹

千葉県出身。観光学部観光学科を卒業後、旅行関係の会社には入社せず新卒でアットフリークに入社。Webマーケティング全般を担当しリスティング広告・SEOコンテンツの企画/編集・構成/作成などを担当している。学生時代はライターとして活動し「マルチ 潜入」のキーワードで検索1位になった経験あり(現在はサイトクローズなため閲覧不可)。「自動車」「腕時計」「料理」のカテゴリが好き。

よく読まれる記事


CONTACT お問い合わせ