COLUMN コラム
デジタルマーケティング

SEOライティングをするなら|チェックするべきポイントやコツ

コンテンツマーケティングを実施する際に欠かせない重要施策として、SEOライティングが挙げられます。
SEOライティングを上手く活用すれば、SEOに良い効果を与えることが可能です。
ここでは、SEOライティングをする際にチェックするべきポイントやコツを紹介します。

SEOライティングとは

SEOライティングとは、言葉から想像できる通りSEOを意識したライティングのことを指します。
簡単に説明すると、Googleなどの検索エンジンで上位表示させるための技術です。
ユーザーの検索意図やニーズを考えて、「読者にとって分かりやすく需要のあるコンテンツ」かつ、「検索エンジンに評価されやすいコンテンツ」を作成します。
そのため、SEOに関する知識と分かりやすいコンテンツを作成する文章力が必要になります。

SEOライティングを始める前のチェックポイント

SEOライティングの概要について説明しました。
ここでは、SEOライティングでコンテンツを作成する前のチェックポイントを紹介します。

ユーザーが満足する記事を作成する

コンテンツを作成する際は、ユーザーにとって分かりやすく満足度が高い記事を作成するように心掛けましょう。
GoogleがWebサイトを評価する際に最も重要視する点として、「ユーザーファースト(ユーザーを優先すること)」があります。
つまり、検索エンジンで上位表示させるために、ユーザー目線に立って「満足するコンテンツを作成するにはどうすればいいのか?」と考える必要があるのです。
具体的には、「ユーザーはどのようなことを知りたいのか」、「どう説明すればわかりやすいか」といったことを考えながら作成していきます。
SEOライティングを実践する際はユーザーが満足するようなコンテンツになるよう意識しましょう。

キーワードとの関連性を高める

SEOライティングをする際は、上位表示させたいキーワードに沿ったタイトル、見出し、コンテンツ内容を作成する必要があります。
キーワードに沿っていないコンテンツを作成しても、ユーザーにとって分かりにくく検索エンジンにも評価されません。
そのためSEOライティングをする際は、上位表示したいキーワードをもとにタイトル、見出し、コンテンツを作成していきましょう。

専門性と独自性を高める

検索エンジンに評価されるWebサイトを作成するには、コンテンツの専門性と独自性を高めましょう。

まず専門性を高めるには、サイトのテーマを決めてそれに沿ったコンテンツを作成する必要があります。
例えば、マーケティングがテーマのWebサイトならマーケティングツールの紹介や使い方、マーケティング用語の紹介などをもとにしたコンテンツが作成できます。
このように、テーマに関連するコンテンツを作成していけば「あるテーマに特化した専門性の高いWebサイト」として検索エンジンに評価されます。

SEOにおいての独自性は、コンテンツで紹介される情報や画像、コンテンツの構成にオリジナリティがあることで高まります。
独自性を高めるには、幅広い情報を紹介したり記事の構成を工夫して競合サイトと差別化できるコンテンツを作成しましょう。
また、競合サイトのコピーをしていないかチェックすることも重要です。コンテンツを作成する際は、無意識に他のコンテンツをコピーしていないか注意しましょう。

SEOライティングのコツ

SEOライティングを始める前のチェックポイントを紹介しました。
ここでは、SEOライティングをする際のコツについて紹介します。

分かりやすい見出しを作成する

SEOライティングをする際は、見出しを分かりやすい構成にしましょう。
具体的には、見出しを確認するだけでどんな内容が書いてあるのか分かるようにするとユーザーにとって分かりやすいです。
また、下記で紹介する共起語やキーワードを使って見出しを作成するのもおすすめです。
ユーザーが見たときに、分かりやすい見出し構成を心掛けましょう。

共起語を使う

共起語とは、特定の語句と一緒に使われることの多い言葉のことです。
SEOライティングの場合、検索キーワードと一緒に使われることの多い言葉を指します。
共起語を意識すれば、ユーザーの検索意図を把握できるだけでなく、ユーザーのニーズを満たすコンテンツを作成できます。
ただし、共起語を使いすぎると不自然な文章になることもあるので注意しながら使用しましょう。

代名詞を使わない

「あの」、「これ」といった代名詞は、何をさしているのか検索エンジンにとって把握しづらい言葉です。
そのため、多用するとSEOの評価が下がることも考えられます。
検索エンジンの評価を落とさないためにも、代名詞は文章が不自然にならない程度に名詞へ置き換えましょう。

タイトルやディスクリプションにキーワードを含める

タイトルやディスクリプション(タイトルの下に表示される説明文)に検索キーワードを入れると、ユーザーや検索エンジンがコンテンツの中身を把握しやすくなります。
そのため、ユーザーのクリック率の増加が期待でき、検索エンジンの高評価にも繋がります。
ただし、過剰に検索キーワードを入れると逆効果になることもあるので、自然な文章になるようキーワードを追加しましょう。

ロングテールキーワードを狙う

ロングテールキーワードとは、「SEOライティング コツ」や「SEO 対策 やり方」など複数のキーワードで構成された検索キーワードのことです。
ロングテールキーワードを意識すれば、ユーザーの検索意図を具体的に把握してニーズに合ったコンテンツを作成できます。
また、コンテンツの内容が単体の検索キーワードより詳細になるため、専門性を高めることにも繋がります。
ロングテールキーワードは、単体のキーワードよりも検索ボリュームが小さく上位表示されやすい傾向にあるので、Webサイトを立ち上げたばかりならぜひ意識してみてください。

質の良いコンテンツを作成し続けることが重要

検索エンジンの評価を上げて上位表示される件数を増やすには、SEOライティングを意識して良質な記事を継続的に作成する必要があります。
もし、自社でコンテンツを作成するリソースが足りない場合は、知識を持つ専門家や制作会社に外注するのがおすすめです。

Webサイトの記事更新にお困りのお客様は、下記のリンクよりアットフリークにご相談ください。

Webコンサルのご相談はこちら

よく読まれる記事


CONTACT お問い合わせ