COLUMN コラム
デジタルマーケティング

Webマーケティングのコンサルティングとは?企業が依頼するメリットを解説

Webコンサルのイメージ

近年Webマーケティングを実施する企業は増加傾向にありますが、PDCAサイクルを回し運用改善まで実施している企業は多くありません。Webマーケティングの運用改善まで行いたい場合、Webコンサルティングを依頼するという手法もあります。今回はWebマーケティングの費用対効果の向上が見込めるコンサルティングについて基本を紹介します。

Webコンサルティングの内容

一般的にWebコンサルティングは、企業がWebマーケティングでどのような施策を行えば良いかアドバイスや提案をします。例えば、SEO対策やインターネット広告の運用改善などがその代表的な例です。

SEO対策

検索エンジン経由のアクセスアップを図るSEO対策ですが、実施する前に自社のWebサイトの分析をしなければなりません。競合サイトの動向などについてもチェックする必要があります。そのうえで、自社サイトが現状抱える問題点を把握し具体的な改善策を提案します。

例えばHTMLタグが正しく使われていないようであれば、その箇所を特定しサイトコードを修正。コンテンツが少ない場合には、新たに記事を作成してコンテンツを増やす場合もあります。
SEO施策をある程度実施したら、検索順位の変化などを定期的にチェックし状況に応じて追加の施策を提案するという流れです。

インターネット広告の運用改善

リスティング広告やディスプレイ広告が効果的な商材の場合、配信の提案も行います。すでに広告運用を行っている場合には、広告費やコンバーションなどの状況分析と改善提案をします。
例えば、リスティング広告であればキーワードや最低入札価格の変更。リスティング広告からディスプレイ広告への変更なども提案することがあります。上手く改善できた場合には、現状を維持するための運用方法を提案します。

アクセス解析

Webマーケティングの成果を最大化するために必要なアクセス解析ですが、実施できている企業は多くありません。
一般的には、検索順位計測ツールやGoogleアナリティクスのデータなどをもとに施策の状況を分析しますが、ツールの導入や活用が障壁となります。

検索順位ツールは指定したキーワードでの表示順位を毎日計測します。Googleアナリティクスはアクセス数やユーザー流入元、ページ遷移状況といったサイトアクセスデータを分析できる高機能ツールです。
特にGoogleアナリティクスは操作や設定が複雑であるため、導入や初期設定はWebコンサルティング企業に依頼したほうが後々の修正作業も少なくなるでしょう。

Webマーケティングのコンサルを依頼するメリット

データ解析とWeb改善

企業がWebコンサルティングを依頼することで、「改善方針の明確化」や「自社の人材育成」といったメリットが享受できます。

Webページの改善方針が明確になる

Webページ経由の新規顧客獲得を強化したいが、「まず何をすべきか分からない」という担当者も多いのではないでしょうか。
実際にWeb集客が上手くいかない原因は複数存在することが多く、下記のような原因を特定し改善方針を決定するには専用ツールや分析スキルが必要です。

■Web集客が上手くいかない原因の例

  • ・ターゲットの設定が曖昧
  • ・サイトコンテンツが不足している
  • ・検索エンジンに評価されるサイト構成でない
  • ・ランディングページのUIが最適化されていない
  • ・定期的な広告運用改善が行われていない

また、行うべき改善施策もオウンドメディア運用やリスティング広告配信など企業が実施しているマーケティング施策ごとに異なります。
Webコンサルティングを他社に依頼することで、専門の担当者がサイトの現状を分析。上記のような原因が複合したケースでも、データに基づき今後すべきことを明確に提示することができます。

コンサルティング会社によっては制作担当者が改善施策の実行まで担うことも可能です。
アットフリークのWebコンサルティングでは、目標のヒアリングやアクセス解析によって改善方針をご提案。サイトコンテンツの制作代行やインターネット広告の運用代行も行っており、「Web集客のグロースハック」を実現します。

Webコンサルティングの事業内容はこちら

自社のマーケティング人材育成につながる

企業によってはWebマーケティングやコンサルティングの作業は自社の担当者に可能な限り任せたいが、人材育成のノウハウやスキルに課題を持っている場合も多いのではないでしょうか。

この場合は、コンサルティング会社に依頼すると同時に自社のマーケティング担当者もコンテンツ制作や広告運用に携わるようにすることで、Webコンサルティングとマーケティング人材育成の両立を図ること可能です。コンサルティング契約期間の終了後は自社の担当者が運用することで、Webマーケティングの内製化を実現できるでしょう。

Webコンサルティング会社を選ぶポイント

実際にWebコンサルティングを依頼する場合、「費用」、「施策内容」、「実績」が会社選定のポイントです。

まず、自社のWebマーケティング改善にどの程度予算をあてられるか確認します。そのうえでWebコンサルティング費用の見積もりを依頼し費用感を把握しましょう。
コンサルティング企業が提案できる施策で選定することも重要です。「自社の商材と相性が良いか」や「自社の担当者が運用できる内容か」などの導入基準を決めておき、戦略策定後の運用や効果測定まで長期的に作業してもらえるかもチェックするとトラブルを減らせます。
Webコンサルティングであれば実績数も重要ではありますが、数や成果よりも「自社に近い規模・業界での実績があるか」がポイントです。

Webマーケティングはコンサルティングで運用改善できる

WebマーケティングのコンサルティングであるWebコンサルについてサービス内容や選定のポイントを紹介しました。WebマーケティングはSEO施策や広告の改善によって、さらなる成果の最大化や費用対効果の向上を実現することが可能です。
将来的な内製化を検討している方も含めて、人材育成やサイトの運用改善などWebコンサルを依頼することには多数のメリットがあります。

アットフリークではWebコンサルのサービスも行っており、お客様の課題をヒアリングしたうえで最適なWebの運用方針をご提案いたします。自社のWebマーケティング状況を可視化したい・改善したいという方は以下のボタンよりご相談くださいませ。

Webコンサルのご相談はこちら

よく読まれる記事


CONTACT お問い合わせ