COLUMN コラム
デジタルマーケティング

Webライティングのスキルを上げたい!おすすめの練習方法やコツは?

Webライティングのスキル

Webライティングのスキルを上げれば、オウンドメディアで高い成果を上げることができます。
Webライティングのスキルを上げるには、どのような練習をすればよいのでしょうか。
ここでは、Webライティングのスキルを上げる練習方法やコツについて紹介します。

Webライティングにはどんな知識やスキルが必要?

Webライティングでは、Web媒体の記事を作成するのに適した文章を書く必要があります。
まずは、Webライティングをする上で必要な知識やスキルを紹介します。

基本的な文章力

Webライティングをする時に、最初に身に付けるべきなのは基本的な文章力です。
Web媒体の場合、書いた文章が分かりづらいと途中で読者が離脱してしまいます。
そのため、分かりやすく読みやすい表現力や構成力を身に付けるといいでしょう。

SEOの知識

SEOとは、検索エンジンの検索結果にWebサイトが上位に表示されるように対策することです。
Webの記事は、検索エンジンからの流入が多いためSEOの知識が必要となります。
検索結果の上位に表示されるように、Webライティングをする際にはぜひSEOの知識を身につけておきましょう。

記事のテーマに関する知識

記事のテーマに関する知識も、Webライティングでは重要です。
記事のテーマについて詳しく書くことができるのはもちろんのこと、知識がない人にも分かりやすく説明できる必要があります。
例えば、自社のオウンドメディアの記事を書く際は、自社の商品やサービス、業界に関する幅広い知識や理解力を身に付けておくことをおすすめします。

Webライティングのスキルを上げる練習方法

練習方法

Webライティングに必要な知識やスキルを紹介しました。
ここでは、Webライティングのスキルを上げるための練習する方法を紹介します。

記事の構成を考えながら書く

Webの記事を読むユーザーは、何かしらの目的を持って記事を閲覧しています。
そのため、「ユーザーが知りたいことや目的は何か」を考えて文章を組み立てる必要があります。
記事を書く前に、導入から本文、結論までの構成を組み立ててユーザーにとって分かりやすい文章にするよう心がけましょう。

書いた記事を添削・修正する

書いた記事をそのままにせず、添削や修正を重ねて改善していくのもWebライティングのスキルを上げる練習方法の一つです。
自分で添削して誤字脱字のチェックをしたり、客観的に見て読みづらい部分はないか確認しましょう。
また、第三者に添削してもらって伝わりやすい文章かどうかフィードバックをもらうと、更に質の高い記事を作成できるようになるでしょう。

ブログ・サイトを運用する

自分でブログやサイトを運用するのもおすすめです。
記事を公開して、PV数やページの滞在時間などの数値から「どうすればもっと記事への流入を増やせるのか」などを分析してするのはよりよい記事を作成するうえで非常に重要です。
「自分の記事のどこを改善したらいいのか分からない!」という人はぜひ一度試してみることをおすすめします。

すぐに使えるWebライティングのコツ

最後に、すぐに使えるWebライティングのコツについて紹介します。

一文を短くする

一文が長いと、読みづらくユーザーに伝わりづらい文章になりがちです。
そのため、なるべく一文は短くしてリズムよく読み進められるように工夫しましょう。

主語を省略しない

主語とは、文中の誰が・何がにあたる文節です。
ユーザーは記事をかいつまんで読むことが多いため、この主語が省略されていると分かりづらく誤解をもたらす可能性もあります。
文中の主語は、意図がない限り極力省略しないように注意しましょう。

見出しに文章全体の意図を書く

記事を読むユーザーが、知りたい情報をすぐに手に入れられるように見出しに文章全体の意図を書くようにしましょう。
その他にも、重要な部分に下線を引いたり太字にして強調するのもユーザーにとって分かりやすくおすすめです。

継続的に記事を投稿すると効果的

Webライティングのスキルを上げる方法について紹介しました。
良質な記事を継続的に投稿すれば、オウンドメディアやコンテンツマーケティングで高い成果を上げることが可能です。
もし記事を継続して投稿するのが難しい場合には、ぜひアットフリークへご相談ください。

Webライティングのご相談はこちら

よく読まれる記事


CONTACT お問い合わせ