COLUMN コラム
Webサイト制作

Webサイトのデザインがしたい!高品質なデザインができるツールは?

Web・UIデザイン

Webサイト制作ではユーザー目線の操作性や全体の雰囲気といったデザインが重要です。高品質なデザインを行うには、使用するツールを使いこなすことが求められます。
初心者の場合は利用できる機能はもちろんのこと、なるべく扱いやすいツールを選びたいところです。今回は高品質なデザインができるツールを紹介していきます。

Webデザインで使われるツールの種類

Webデザインで使われるツールは次の3種類に大別できます。

UIデザインツール

Webサイトの操作性や使いやすさを表すUI(ユーザーインターフェース)のデザインに特化したツールです。サイト全体のレイアウトやサイト内に設置するボタンのデザインに使用します。
その他、チームメンバーへのデザインの共有やデザインの表示確認といった機能があり、開発チームの規模や状況に合わせてツールを選択すると良いでしょう。

画像加工ツール

Webサイトには必須の画像ですが、トリミングや色調の調整といった画像編集が必要になります。
画像加工ツールを使うことで写真の細かい調整だけでなく、コラム用のアイキャッチ画像の作成にも活用することが可能です。また、Webページ全体のデザインにも活用できるなど、機能の豊富なソフトもあります。

イラスト作成ツール

Webサイトでは画像以外にもイラストが活用されています。説明の文章とあわせてイラストや図表を挿入するとより伝わりやすくなるでしょう。
Webデザインのみならず、LINEスタンプやポスター作成なども行うことが可能です。

おすすめのUIデザインツール:Adobe XD

Adobe XDはUIデザインツールの中でも定番といえるツールで、Adobe PhotoshopやIllustratorと連携して使用することができます。
3D変形により遠近感のあるデザインを作ることができ、一度作成したデザインでも簡単に再利用やサイズ変更が容易です。

操作方法は簡単でチュートリアルもあるため、Webデザインの初心者でもすぐに使い方を覚えられるでしょう。ショートカットキーを使った操作が可能で、機能が豊富であることから、中・上級者にも人気が高いツールです。

おすすめの画像加工ツール:Photoshop

Photoshopは非常に知名度が高く、多くのデザイナーが使用している定番の画像加工ツールです。
サイトの中に挿入する画像を作ったり、見栄えを整えたりするときに使用します。非常に多くの機能が備わっていますが、Webデザインでは画像のトリミングやコントラストの調整で使用することが多いのではないでしょうか。

他に画像の合成やエフェクトの追加、アニメーション作成、文字の挿入なども可能です。また、Adobe XDで作った素材を加工するなど、サイトのレイアウトを作るときに使われることもあります。

おすすめのイラスト作成ツール:Illustrator

Illustratorはイラスト作成に使われるツールで、ベクター形式を採用しており拡大してもぼやけないといった特徴があります。

写真のような複雑な色合いを表現することは得意ではありませんが、線や図形の作成は簡単にできるため、Webデザインではロゴやヘッダー、メニューなどを作るときに活用されます。サイト内に挿入するイラストを作る際にも、Illustratorは役立ちます。

使いこなせば高品質なデザインが可能

今回紹介したツール以外にも有料のソフトから無料のソフトまで種類はたくさんあります。上手く使いこなせるようになれば、高品質なデザインもできるようになり、完成度の高いWebサイトを作れるでしょう。
一方でツールの使い方を学ぶには時間も費用もかかります。質の高いサイト制作を検討する際は、外注を利用するのも選択肢のひとつです。
アットフリークでは、様々な業種・業界で多数のWebサイト制作実績があります。ぜひ以下のフォームよりご相談ください。

Web制作のご相談はこちら

よく読まれる記事


CONTACT お問い合わせ