COLUMN コラム
Webサイト制作

【WordPress】開発に使える便利ツール3選

WordPressの開発に役立つ便利ツールを3つご紹介いたします。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

簡単にデータベースをバックアップできるWordPressプラグイン

提供元:UpdraftPlus WordPress Backup Plugin
https://ja.wordpress.org/plugins/updraftplus/

ターミナルでmsqldumpコマンドを打たなくても、
サーバのコントロールパネルからphpmyadminにログインしてエクスポートしなくても、
WordPressプラグインを追加するだけで簡単にデータベースをバックアップできます。

様々なバックアップ用のプラグインがある中でWP-DBManagerを愛用していたのですが
一年ほど更新されていないため、今回初めて使用したUpdraftPlus WordPress Backup Pluginをご紹介します。

WP-DBManagerとは違い、データベース専用のバックアップツールではありませんが、
WP-DBManagerと同様、簡単にデータベースをバックアップできます。

バックアップ手順はプラグインを有効化した後、
管理画面のメニュー【設定】ー【UpdraftPlusバックアップ】画面で【今すぐバックアップ】ボタンをクリックして、
【既存のバックアップ】にある【データベース】をクリックすれば【お使いのコンピュータにダウンロード】ボタンが表示されます。こちらをクリックするとPCにバックアップファイルが保存されます。

細かな設定なども特になく、簡単にバックアップできますが、
誤った操作によるトラブルを防ぐためにも

  • ・自動バックアップ機能を使わない
  • ・複数人でWordPressを管理している

などの場合は、念の為使用するときだけ有効化する方がよいかもしれません。

Database Search and Replace Script in PHP

データベースのURL変更ツール

提供元:Database Search and Replace Script in PHP | interconnect
https://interconnectit.com/search-and-replace-for-wordpress-databases/

バックアップをとったSQLファイルを使って開発環境を作成する際、
データベース内のURLを変更する必要があります。

このURL変更をテキストエディタで行うと、うまく動作しなくなる可能性があります。
原因は『テーマやウィジェットの中にはURLの長さを示す値を含むものがあるため』のようです。

参考:WordPress の引越し – WordPress Codex 日本語版
https://wpdocs.osdn.jp/WordPress_%E3%81%AE%E5%BC%95%E8%B6%8A%E3%81%97#.E3.83.89.E3.83.A1.E3.82.A4.E3.83.B3.E5.90.8D.E3.81.BE.E3.81.9F.E3.81.AFURL.E3.82.92.E5.A4.89.E6.9B.B4.E3.81.99.E3.82.8B.E3.81.A8.E3.81.8D

WordPress Codex日本語版では『WordPressデータベース用検索と置換スクリプト』と紹介されている、このDatabase Search and Replace Script in PHPを使うと、その問題を解決させることができます。

こちらのツールも使い方はとても簡単です。

まずはURL変更前のSQLファイルを開発環境の接続先データベースにインポートさせます。

次に提供元からダウンロードしたファイル(Search-Replace-DB-masterディレクトリ)を『wp-content』があるディレクトリ(wp-contentと同階層)にアップロードし、ブラウザでSearch-Replace-DB-masterのアップロード先URLを開きます。

すると以下のような画面が出ます。

以前の使用していたバージョンではDB接続情報は入力しなくても書き換え作業はできたのですが、
新しくなったSearch-Replace-DB-masterではDB接続情報を入力して
【Test Connection】ボタンをクリックする必要があります。

接続情報が正しければ【Search and replace】ボタンが赤色に変わりクリックできるようになるので、
・『replace』入力欄に変更前のURL
・『with』入力欄に変更後(開発環境の)URL
を入力して、【Search and replace】ボタンをクリックすると、
安全にデータベース内のURLを書き換えることができます。

もちろん、URL以外にもデータベース内のテキストを一括で全て変更したり、
どのテーブルにどのテキストがあるかなどの検索にも役立ちます。

こちらのツールは、セキュリティ上作業後には必ず削除する必要がある為、
【delete me】というボタンも画面内にあります。

作業後は忘れずに削除しましょう。

Query Monitor

WordPressプラグインのデバッグツール

提供元:Query Monitor – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語
https://ja.wordpress.org/plugins/query-monitor/

  • ・ページ生成時間
  • ・表示されたページで使用された条件分岐タグ名
  • ・現在のページで使用されているテンプレートファイル名
  • ・実行されたSQL文やその処理速度
  • ・PHP、データベース、WordPress、サーバの環境情報

など、開発に役立つ様々な情報がログイン後の管理画面、表ページ双方のブラウザ下部にモニター表示されるWordPressプラグインです。

時間がかかっている処理がどれかつきとめたり、条件分岐タグが正しく動いているかどうかの確認、カスタマイズした検索のSQL文に誤りがないかなど、開発につまずいた時に助けてくれるとても優秀なプラグインです。

まとめ

Database Search and Replace Script in PHPは昔から愛用しているものですが、
Query Monitorは最近知ったプラグインで、検索のカスタマイズに役立ちとても助けられました。

以上、3つのWordPress開発便利ツールをご紹介しました。

よく読まれる記事


CONTACT お問い合わせ